HOME>ホットトピックス>住みやすさを考えるなら周囲の物件もチェック

家賃を基準にする

男女

賃貸物件を選ぶ上で、家賃の値上がりは入居者にはデメリットです。基準はオーナー側にありますが、積算法なのか比較法なのかをチェックしましょう。土地の購入や建設資金など、入居者には関係性のない部分にかかる費用を合算していることがあります。しかし、高崎周囲の似たタイプの賃貸物件の賃料を調査、それを立地・築年数・設備で修正しているところは安心でしょう。

周りをチェック

高崎エリアの賃貸物件、家賃面を基準に考えるのなら、防犯意識の高まりから防犯性の高い設備に着目しましょう。オートロックシステムやTVモニター付インターフォンなどの防犯システム、人気の高い設備やプランを導入しているケースでは付加価値とした賃料を高く設定する傾向にあります。また、高崎エリアで競合物件があるなら、賃料は低く設定されているか、特色を付けて入居者を募る傾向にありますから、周りを基準とするのもアリでしょう。

お金のメリットを探る

高崎エリアにて賃貸物件を選ぶにしても、家賃の問題も生じるでしょう。できる限り質の高い賃貸を選びたいのなら、メリットが沢山ある賃貸に目を向けてみましょう。礼金や更新料、保証人や仲介手数料が不要なところは増加傾向です。しかし注目は、鍵の取り換え費用、これが負担とならないなら、質の高い経営管理がされています。つまり、入居時に必要なのは敷金と引っ越し代のみです。基準はこれらをクリアしているUR賃貸ですが、フリーレントなどからも選んでみれば住んでみてミスマッチであっても損はしないでしょう。住宅の質も民間のものと比べてみる、そうした基準でも得をします。